日常生活で誰でもできる節電

もう一度身の回りを確認しよう。
1.普段使用しない電化製品などのコンセントを抜いておく。
コンセントに使わないのにさしたままっていうのがよくある。
よくゲーム機の充電器がコンセントにささったままだったりする。
電子レンジの電源ケーブルが差し込まれたまま、消したストーブの電源ケーブルが差し込まれたまま。
などど、コンセントにケーブルがさされたままが多いのではないでしようか。
でも、よく使うけど、消費電力が小さいネットワーク・プリンタの電源ケーブルは、差し込まれたままですが。
  
2.エアコンのフィルターはこまめに掃除しよう。
 清掃すると、負荷が軽減するのだってね。最新型は、自動で清掃
 機能がついている。
1169334.jpg
3.蛍光灯自体の掃除を行い 常に明るい状態に
 端が黒くなってきたら、新しいのと交換 電気代が多くかかってしまう
 電球を使っているところは、今はやりのLED電球を検討してみては
 初期費用はかかるが、毎月の消費電力が少なくなる。
 蛍光灯をLED蛍光灯にかえる場合は、バイパス工事が必要になってくる。
 そのままでは、LED蛍光灯は、使えない。
 バイパス工事とは、蛍光灯が使用している安定器の取り外しを行う工事のことを言います。
 今、LED蛍光灯にかえるメリットはあるのだろか。
 新築の家なら、はじめからLED蛍光灯で設計すれば問題ないと思います。
4.パソコンの対策だが、デスクトップパソコンより、
 ノートパソコンを使うようにする。 消費電力が少ないし、停電でも
 バッテリーの残量があれば4時間ぐらい使える。
 注意、バッテリーは消耗品でだんだん劣化していく。
 Windows PC の中断方法で90 分以内ならスリープで節電と
 マイクロソフトのホームページにのってるが、
 スリープとは、メモリのデータをそのまま残すして停止とあります。
 いまのOSのWindows7は大丈夫だが、XPだと停止したまま立ち上がらないことが
 あるしいう。
 いろんな物がどんどん値上がりしていくなくで、
 まだまだ、小さいことの積み上げで節電を頑張ろう。