カードキャプターさくらクリアカード編第11話感想

カードキャプターさくらクリアカード編第11話さくらのさかさまペンギン 感想



夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる!
・ 見どころ
「カードキャプターさくら」の新シリーズで、監督やスタッフ、当時のキャストがほぼ再結集を果たした話題作。友枝町で次々起こる事件に立ち向かう、さくらの活躍に注目。
・ ストーリー
世に災いをもたらす「クロウカード」を集め、魔法の力で自分のカードに変えたさくらは、中学1年生に進級した。そこで香港に帰国していた小狼と再会し、一緒に学校へ通えることを喜び合ったのも束の間、ある夜、集めたカードに異変が起きる。

エピソード
第11話さくらのさかさまペンギン
180506110001.jpg
(出典 i0.wp.com)
下校中に偶然、海渡と出会った小狼は、ひそかに連絡を取りあっているエリオルに伝え、2人は海渡が力の強い魔術師ではないかと推理する。一方、カードの気配に導かれ、さくらは夜のペンギン公園を訪れる。

フル動画を無料視聴したい方はコチラの『U-NEXT』(31日間無料視聴)でご覧ください。

スポンサーリンク




クリアカード編
友枝中学校に進学したさくらは、初登校の途中、知世と友枝町に戻ってきた小狼に再会。小狼が同じ中学校に編入することを知る。小学校時代の同級生とも合流し、中学校生活に期待しつつ眠った夜、透明なカードがバラバラに砕け、フードをかぶった謎の人物と対峙する。という奇妙な夢を立て続けに見てしまう。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し効果を失っていた。それから、夢の内容は変わり、時計の部品が出てきてさくらの新たな封印の鍵を奪おうとする。さくらがクロウカードの関係者に相談して回る中、小狼だけはイギリスにいるエリオルと連絡を取り合い、何かを決意するのだった。再び魔法のような不思議な現象に遭遇するが、さくらは新たな杖「夢の杖」を使い、現象をクリアカードという形に「固着(セキュア)」することに成功する。それも何者かに仕組まれていたかのように。

・クリアカードとは、
クリアカード編でさくらが新たに集めるカード。作中で起こる現象を固着(セキュア)することで生成される。透明化したさくらカードとは別のもので、現時点で誰に作られたかは不明。全体的に透明であるが、一方から見るともう一方の絵柄は透けて見えない。カード自体に魔力は無く、夢の杖を使うことでその力を使用できる。
◎クリアカード
アニメ11話
・リバーサル(REVERSAL)「逆転」
180506k11.jpg
(出典 image.space.rakuten.co.jp)
中心を境に上下に生えた結晶の姿を取るカード。対象を上下逆さまにする能力を持つ。友枝公園のペンギン大王とペンギンを能力で浮かばせ逆さにさせた。固着する際には
その能力はさくらにも及び危うくさくら自身も逆さまにさせられそうになった。

スタッフ (クリアカード編)
原作 - CLAMP
監督 - 浅香守生
シリーズ構成・脚本 - 大川七瀬
コスチュームデザイン・カードデザイン - もこな
キャラクターデザイン - 濱田邦彦
プロップデザイン - 大舘康二
色彩設計 - 橋本賢
美術監督 - 清水友幸
3DCG監督 - 長浜裕樹
撮影監督 - 伏原あかね
編集 - 木村佳史子
音楽 - 根岸貴幸
音響監督 - 三間雅文
プロデューサー - 川添千世(OAD)
制作統括 - 土橋圭介、宮本未来、松下卓也(TV)
アニメーションプロデューサー - 橋本健太郎
アニメーション制作 - マッドハウス
製作・著作 - NHK(TV)、NHKエンタープライズ(TV)、講談社
(ウィキペディアへより、参照)
第11話感想
・ビディオ撮影に失敗した、ケロチャン、ともよちゃんのカメラの指導がまってるのね。がんばれよな。
11話感想ネットの感想




TVアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」公式PV第3弾