アイアンマン 動画 フル

アイアンマン 動画 フル・アイアンマンの紹介


2008年公開のアメリカ映画。マーベルの人気コミックを映画化したヒーロー・アクション。負傷した天才発明家が、自ら開発した強力なパワードスーツをまとって、世界を脅かす悪を倒す。
「アイアンマンの見どころ」のネタバレ・あらすじ
20180507005.jpg
(出典 www.hottoys.jp)
実業家兼、発明家のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズのCEO。彼は、政府とのパイプ役を努める親友の軍人ローディ(テレンス・ハワード)とともに、アフガニスタンで自身が開発し
たクラスター型ミサイル「ジェリコ」を現地の在留アメリカ空軍にプレゼンすべくアフガニスタンを訪れていた。実験は大成功に終わる。
だが、武装テロ集団の襲撃を受け、重傷を負って拘束されるトニー。一味に監禁されている医師インセン(ショーン・トーブ)は彼に人工心臓を移植、一命を取り留める。だが、テロ組織のリーダー、ラザ(ファラン・タヒール)はトニーに新兵器の製造を強要。
連行された組織のアジトには、スターク・インダストリーズ製兵器の数々が並んでいた。
自分が開発した兵器がテロに利用されていたことを知り、ショックを受けるトニー。彼はミサイルを作るフリをして、飛行可能なパワードスーツ・マークIを製造、敵の隙を突いて脱出する。だが、マークIは砂漠で全壊。心身に深い傷を負いながら帰国を果たす。
20180507006.jpg
(出典 livedoor.blogimg.jp)
会社に戻ったトニーは、幹部役員オバディア・ステイン(ジェフ・ブリッジス)の反対を押し切り、兵器産業からの撤退を発表する。そのニュースに世間が騒然とする中、秘書ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)やローディの協力を得て、新たなパワードスーツの開発に着手。やがてそれは、戦闘機並みの飛行能力、戦闘力を備えたマークIIを経て、赤と金に輝くマークIIIへと進化を遂げる。
世界を乱す悪との戦いを決意するトニー。だが、彼の知らないところでスターク・インダストリーズは武器販売を続けていた。ラザ一派による民家襲撃のニュースを耳にしたトニーはマークIIIで出撃、テロリストを一掃する。一方、砂漠に残されたマークIの残骸と設計図からさらに恐ろしい兵器が作られようとしていた。
ラザ一派の黒幕はスターク・インダストリーズの重役・オバディア。トニーを襲い、パワードスーツの秘密を手に入れた彼はその本性を現す。
20180507007.jpg
(出典 image.eiga.k-img.com)
ラザ一派にトニーを襲撃させたのもオバディアだった。彼は、トニーを暗殺しようと企てていたのだった。それを知った秘書・ペッパーは、政府機関に相談し、オバディア拘束に乗り出す。だが、オバディアはトニーから膨大なエネルギーを生み出す熱プラズマ反応炉「アーク・リアクター」の小型版を奪い取り、独自開発したパワードスーツで反撃に出る。
一方で、新型のアーク・リアクターを奪われるも、以前に使用していた旧版を使用し、トニーはパワードスーツで出撃する。オバディアの圧倒的なパワーに翻弄されるも、プラズマ反応炉を爆発させることでオバディアにダメージを与え、辛勝する。
この騒動は一般市民にも知れ渡り、「アイアンマンは誰か?」と話題になった。当初はアイアンマンの正体は警備員であるとしていたが、会見でトニーはあっさりと自身がアイアンマンであると明かしてしまう
20180507008.jpg
(出典 secure.cdn2.wdpromedia.com)
アイアンマンとは
『アイアンマン』(英: Iron Man)は、2008年のアメリカ映画。主演はロバート・ダウニー・Jr。
「マーベル・コミック」のアメリカンコミック『アイアンマン』の実写映画化の第1作品目である。そして、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第1作目である。

スポンサーリンク



概要
1963年に「マーベル・コミック」からスタン・リーを中心としたクリエイター達によって生まれた人気フランチャイズ『アイアンマン』の実写映画化作品の第1作目である。それと同時に、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバ
ー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第1作目となる。
1990年にユニバーサル・ピクチャーズから映画化の話が持ち上がって以来、20世紀フォックスやニュー・ライン・シネマなど各社で壮絶な権利争奪戦が繰り広げられたが、最終的にマーベルの映画製作部門であるマーベル・スタジオが権利を買い戻し、自社初の独立製作(インディペンデント)作品として2006年頃から製作が進められた。
監督には、同じくマーベル・コミックが原作の映画『デアデビル』に俳優として出演した縁からジョン・ファヴローが着任した。脚本の草稿も完成し、本格的なプリプロが開始された。並行してキャスティングも進められ、おおよその役が決まっていったが、主人公の「トニー・スターク」を演じる俳優探しに関しては難航した。製作サイドが数多くの若い男優をリストアップする中、ファヴロー監督は当時43歳のロバート・ダウニー・Jrを推薦。制作スタジオ側はダウニーの過去の薬物問題から「どんなことがあっても、彼を雇うことはない」としていたが、原作コミックのファンを公言していたダウニーは、オーディションで他の役者たちを圧倒する役作りを披露。タイトルロールの座を勝ち取った。本作はアメリカをはじめ各国でヒットした。不安要素だったダウニー・Jrの「トニー・スターク」も批評家から賞賛され歓迎された。
日本では公開が9月と全米公開から4か月以上も後の公開となった。日本でのキャッチコピーは「装着せよ。強き自分」。

スタッフ
監督: ジョン・ファヴロー
脚本: マーク・ファーガス & ホーク・オストビー and アート・マーカム & マット・ホロウェイ
製作: アヴィ・アラ / ケヴィン・ファイギ
製作総指揮: ルイス・デスポジート / ピーター・ビリングスリー / アリ・アラド / スタン・リー / デヴィッド・メイゼル
撮影: マシュー・リバティーク, ASC
プロダクション・デザイナー: J. マイケル・リーヴァ
編集: ダン・リーベンタール, A.C.E.
視覚効果 & アニメーション: インダストリアル・ライト&マジック、スキャンラインVFX
視覚効果スーパーヴァイザー: ジョン・ネルソン
音楽スーパーヴァイザー: デイヴ・ジョーダン
音楽: ラミン・ジャワディ