酷い顔汗を止める!簡単な顔汗対策

酷い顔汗を止める!簡単な顔汗対策



化粧をしているのに、じんわりと出てくる顔汗。
タオルで抑えるとファンデーションが落ちて、そこだけ黒ずんで見えてしまう…。
せっかくセットした前髪も汗でぺったりとり、デートに遅刻したり、大事なお得意先との会議だったので思わず時間がかかってしまった
なんていう人は、いらっしゃらないでしょうか。
綺麗でいたい女性にとって、顔汗はこれから暑くなる時期はとても深刻な悩みですよね。
2018052403.jpg
(出典 futsuunokurashi.com)
【これまでの顔汗対策】
・ウォータープルーフファンデーションなどで、汗で崩れにくくする
・水を飲まないなど、根本的に汗をかきにくくする
・ひたすらハンカチで拭く(タオルを3枚持ち歩くなど)
・ブラジャーをきつく締める(首の後ろを冷やすために、保冷剤や濡らしたタオル、ペットボトルなどで首の後ろを冷やしたりする)

でも、もう悩まなくてもよく、顔汗を止める秘訣があるのです。
顔は人から見られる部分なので、とくに汗が気になってしまいますね。
ましてや電車内での顔汗は、せっかくしたメイクも、前髪のセットも崩してしまうので本当に厄介です。
また、緊張したときに流れる滝のような汗に悩んだ方も多いのではないでしょうか。

即効性がほしい!今すぐ顔汗を止める方法


すぐに顔汗を止める方法として、いちばん簡単でオススメなのが顔用の制汗剤です。顔汗がひどいのを解消しよう。
とってもお手軽ですな方法ですよ。顔用の制汗剤を使いましょう。
顔用制汗剤としておすすめなのが、「サラフェプラス」です。
日本初の顔用制汗剤「サラフェプラス
bnr_salafe_26-4.jpg
化粧の上からもケアできるから楽々
ナノセラミドを始め植物由来の成分配合でスキンケアしながら汗対策
皮脂やテカリを抑え1日中サラサラに
厚生労働省で効果が認められた医薬部外品
定期は継続縛りがないから試しやすい!
   料金   定期縛り
8,400円 → 2,980円 なし

定期縛りが無くて、初月解約できる!
しかも初回も手頃な価格なので一番試しやすい顔用制汗剤です。
スポンサーリンク


化粧下地として使用も可能ですし、気になった時に化粧の上から簡単にケアする事も可能です。
使う順番は、 化粧水→サラフェ→乳液→いつものメイクでOK!
※サラフェを塗った後に化粧水をつけてもお肌に浸透しません。
・サラフェの成分は、薬用制汗有効成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛を高純度で配合しております。また茶エキスとワレモコウエキスの効果により1日皮脂の分泌を抑え顔のテカリを抑えることができます。
・効果に個人差はございますが、厚生労働省に効果の認可を受けた商品なので自信をもっておススメをさせて頂いております。すぐに効果をご実感いただけるお客様も非常に多くいらっしゃいます。ただし、有効成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛
が継続使用により、徐々に制汗効果を発揮するという特性から1 ヶ月~3 ヶ月でご実感頂ける方もいらっしゃいます
・一本で約1ヶ月~1ヶ月半ほどもちます。
・敏感肌の方でもお使いいただけます。合成香料や石油系界面活性剤、パラベンを一切使わない無添加となっております。ただ万一ご使用にあたり使用中、使用後に肌荒れがあった場合は使用を中止して皮膚科専門医等にご相談することをおすすめいたします。
(FAQのまとめ)
サラフェの制汗効果
・実際には汗を止めるのではなく、汗の量を減らし汗が出にくくしている(抑制効果)
・有効成分フェノールスルホン酸亜鉛が毛穴の奥で働くため肌表面に膜を張らない。
①毛穴の奥で汗の作られる量を減らす
②収斂効果(毛穴引き締め)で汗の粒を小さくする
③粒が小さくなるので、肌表面で蒸発しやすくなり汗が垂れてこない

他の汗止め商品と比べてみるとどうなの?比較してみました
いくら「サラフェに効果はあります、これは良いです!」と言っても他商品と比べてどこが良いのか気になりますよね。
そこで、他の商品との比較結果をまとめてみました。
hikaku_4-1-2.jpg
有効成分はどの商品も変わらりません。
価格で見てみると一見ノエミュという商品の方が安いですが、定期縛りがあります。
その点、サラフェプラスは定期縛りがないので、効果をまず試して見るには手ごろではないでしょうか。
スポンサーリンク



ここでは、顔汗がひどい原因について調べてみました。

顔汗がひどい原因って


2018052303.jpg
(出典 antiaging.akicomp.com)
普通は汗って全身にかくものですが、全身に汗をかいているというよりは、どういうわけか顔にだけ集中して汗をかいてしまう。
顔汗だけがひどい場合、とくに大きな原因として考えられるのは、顔面多汗症と運動不足といわれております。
顔面多汗症
「顔面多汗症」は、顔にだけ汗をかいてしまう病気だといわれております。ある日突然なる人もいます。
人は気温が暑かったり、辛い食べ物を食べたときに汗をかくのは当然のことですが、その状況にかかわらず滝のような汗が出る場合は顔面多汗症の可能性があるといわれております。
ハッキリとした原因はまだ解明されてない病気のようです。
顔面多汗症は、人前に出る時、常にハンカチを持たなければならなかったり、女性の場合には化粧直しを余儀なくされるなど、日常生活で不便を感じることが多い症状です。 顔面多汗症の原因で、一番多いとされているのが、自律神経の乱れです。 自律神経の中でも交感神経が過敏になっていると、顔に汗をかく原因になります。
運動不足
運動不足も顔汗の原因になることがあります。
当然運動すると体温は上昇します。
体温が上昇しすぎると脳細胞にダメージを与えてしまうので、熱を逃がすために体は汗を出して、体温調節しています。。
体温調節のために汗を分泌しているのはエクリン線といわれる汗腺で、約300万個ほどありますが、全部が活動しているわけではなく、とくに顔や頭などにある汗腺の動きが活発であるといわれています。
ところが、運動不足で熱の発生がない生活を送っていると、汗を分泌する機会は少なくなってきます。
すると心臓から離れた下半身の汗腺は、休眠状態に入り、動きの多い顔や頭に汗が集中してしまい、ひどい顔汗を招いてしまうということです。
また、運動不足には、運動しないと人はこうなる!としてその他の、運動不足がもたらす4つの脅威があげられております。
1.肥満の原因になる。
運動はカロリー消費に効果的であり、体脂肪の燃焼のために欠かせません。余分な脂肪をため込むことは体の代謝を低下させ、血行障害を引き起こします。 特に30代、40代と年齢を重ねるごとに基礎代謝は徐々に低下するため、20代のころと同じ食事をしていると、食べたものを消化しきれず胃腸に負担をかけてしまいます。太らない体質だから大丈夫と言う方も、体質は年を重ねるごとに変わることを心に留めておきましょう。 おなかでっぷりの「中年太り」を避けるためにも、運動する習慣を付けきましょう。
2.生活習慣病にかかりやすくなる。
運動不足に最も密接にかかわる病気は、生活習慣病です。「生活習慣病」と一口に言ってもさまざまな種類があり、動脈硬化、高血圧、心臓病など、特に血液に関する病気が多くなります。 慢性的な運動不足は血行を悪くし、体の中に老廃物がたまって疲れやストレスを感じやすくなりますが、この状態が長く続くことで生活習慣病のリスクも徐々に高まっていきます。高血圧より、脳卒中に発展してしまいます。目に目えませんのでかしいなぁともったら、血圧をはかるように心がけたいものです。暑くなったりするともしかすると心臓に負担がかかっているかも知れませんね。そこが注意信号ですね。
3.仕事の効率が落ちる
デスクワークでの座りっぱなしや立ち仕事など、あまり動かない状態が続くと筋肉が固まってしまい、やはり血行が悪くなります。また、仕事の緊張状態では脳が疲れるためストレスがどんどんたまり、放っておくと効率は下がる一方です。 運動には筋肉を動かして血行を促進するほか、ストレス解消の効果もありますので、習慣的な運動をして体をリフレッシュさせる必要があるのです。固まった筋肉を動かすときも、ほぐしながらゆっくりと動かすようにしましょう。急に動かすと筋肉がびっくりしますよね。
4.うつ病やその他の精神疾患のリスクを高める
体の免疫力が落ちるだけでなく、心の病への影響も出てきます。 運動不足は自律神経系の働きを抑えてしまい、体のホルモンバランスを大きく乱し、気持ちが非常に不安定になります。 精神疾患の療法としても運動が取り入れられるなど、運動は精神面にも大き
なかかわりを持っています。運動は人とのコミュニケーションを行うのにも最適ですし、心の健康に不可欠と言えるでしょう
記事提供:GozoRopp

スポンサーリンク